Img_805d17c22cea1d515b8e5111c150a1e2
Img_7b9505af99362a9a5d76496434e34706
Img_f3e86d285cb25286dabb3dc680e8a7a1
先週、カゴ編みを教わってきました。
教えてくださったのは、昨年の「えんにち」でご一緒したイラストレーターさんのお友達のお母さん。80代には見えないような、アクティヴで可愛らしい方でした。

籐(とう)を十字に組んで、芯に沿わせるように編んでいきます。

編むスピードは、人それぞれです。
「先生〜」と手を挙げると、「はいはい、できた?」と先生がやってきて、やさしく次のステップを指導してくれるという神対応!

先生は、カルチャーセンターのカゴ編み教室で学ばれたそうです。
「分からないところがあっても、生徒の人数が多かったから先生がなかなか回ってきてくれないし、先生が厳しい方でね」と、当初の苦労話を聞かせてもらいました。
「だから皆さんには、分からないことがあったら何でも気軽に聞いてもらいたいの」と。
じーん!
先生のやさしさにすっかり甘えてしまってごめんなさい!
そんな先生に導いてもらって、どうにか編み上げることができました。

同じ材料で「パン皿」を編んだのですが、それぞれ形が違う!

私が編んだのは、いちばん右の平らなお皿。
みんなに「なんでそんなに平たくできるのー?」と驚かれたんですが、
「引っぱらないで、沿わせるように」というアドバイス通り編んだら、こうなったんです。

「コロンとしているほうがかわいいなぁ」と、ひそかに思っていたら、
「今は人の作品と比べてしまうけれども、家に帰ったら自分の作品だけになるでしょ?
やっぱり自分のがいちばんって思うわよ」と、包み込むようなお言葉。
どこまでもやさしい先生でした!
Img_a9cde557856783421ac158521513bef0
Img_36fe62a09131389e43823a23a70921c9
「檸檬の実」のマイコさんに焼いてもらったタルト。
これもまた、ステキな作品!
箱を開けた瞬間「わ〜〜っ!」ってなる感じ、大事ですよね。
見た目も、味もすばらしかったです。
Img_c4f9da0b4d6560353f52a66c246b5570
絵画教室ですか?
Img_761768aefc09a095d078a7745269f724
狙いすぎ。
Img_3e00eb04961cca9ee4d7f752eb6ab7c3
やっぱコレかな。
翌日、「やっぱりいいわ〜」と自画自賛。
先生がおっしゃった通りになりました。

一応「パン皿」ということでしたが、何を置いたらしっくりくるか、いろいろ試してみました。

あまりにもひどかったので画像はアップしませんが、ミシン糸を盛ってみたり、綿を積んでみたり、ひょうたんを置いてみたり。

いただいたホウレン草を乗せてみて、これかなと。
編みながら「畑で採れた野菜を乗せるザルにしたいな〜」と、ぼんやり考えていたので、初志貫徹ですね。

楽しい学びの場をありがとうございました。
カゴ編みだけでなく、先生の謙虚な姿勢も学ばせていただきました。

カゴにたくさん野菜を乗せられるよう、土づくりもがんばります〜。
Img_16b898f08bcb03978d98bae9456f2197
水族館劇場の芝居を観て、「もんぺと姉さんかぶり」というスタイルに強く憧れ、つくっちゃいました。
家にあったハギレをザクザク切って、適当に縫い合わせたわりには、それっぽいものができました。
田んぼで、もんぺデビューしようと思っています。

田植えは雨のため、来週に延期とのこと。
お楽しみも先延ばし。
Img_b665d715e65b53b9e300ccf460070731
給食袋
Img_46950701262bcf2cea02a3adfaf67408
給食用ランチョンマット
入園、入学準備の季節ですね。
実は、1月から時間をつくっては、チマチマと袋類を縫っておりました。

去年、袋類の寄付をさせてもらったら、職員さんたちがとても喜んでくれたんです。

【去年お聞ききした話】
・体操着袋などは職員さんがつくっている
・日中は忙しいので、皆が寝静まってからミシンに向かう
・間に合わないときは、職員の親に頼むことも
・子どもたちはボロボロになった袋を何年も使い続けている
・いろいろな歳の子どもがいるので、柄や色が違ったほうが助かる
・新年度じゃなくても、いつでも大歓迎
Img_645efe5ffa745fec5ee54e66b3d61603
お弁当袋
Img_bb260f3506dba227b69ef25231bced61
体操着袋
Img_963d1b6646f850e6445c17f82a3b89ee
上履き入れ
どうやら職員さんの人手が足りなくて、余裕がなさそうだということがよくわかりました。

袋をつくるぐらいなら私でもできる。
その作業時間を他のことにあててもらえたら……と思って縫い始めたのですが、今年はミシンに向かう時間がなかなかとれず、ちょっと大変でした。

2月末に大阪へ行くお仕事をいただき、行きの新幹線の中で作業をしていたら、袋にひもを通すという地味な作業を、お友達が嬉々として手伝ってくれたんですよ(涙)。
一人でやると罰ゲーム並みにつまらない作業でも、誰かとおしゃべりしながら手を動かせば楽しいもんですね。これ、大発見!

できあがった袋にネームテープを縫い付け、持って行ったのは終業式直前。

電話でアポも取らず、直接施設に行き、インターホンを押して、「袋をつくったので、こちらで使っていただけたらと思いまして」と言ったら、ちょっと警戒されてしまいました。
そりゃ、いきなり来られても困りますよね。
反省。。。

体操着袋たちを両手で抱えた女性の職員さんが、ガラスの扉の内側から笑顔で見送ってくれました。

【来年に向けての忘備録】
・電話してから行くこと
・年度末じゃなくて、2月(遅くても3月中旬)のほうがいいのかも


来年は、もっといろんな人に声かけて、手伝ってもらおうかなー。
(懲りずに、また来年もやるつもり)

袋をつくるから「ふくろうず」とかね。
勝手に始めたこの活動、もうちょっと楽しくなるように工夫して、無理なく続けていこうと思います。
Img_f7b1bbe172af0f4135502a860153a6c0
やっとこさ完成。
今日、納品してきました。
※オーブン粘土なので無臭です

納品から帰宅したら、文字起こしの素材が届きました。
今夜から書き起こしバイトです。

2月のまだ寒さ厳しい頃、1通のメールが。
熱烈なハニワファンの方が、このブログの「古墳帽子 (Click!) 」を見て、「ほしい」と言ってくださったんです。
そんなメールをいただいたのは初めてだったので、ビックリ!
古墳帽子は販売できないので、はにわを数体つくらせていただくということになりました。

しかし……
ご依頼をうけた順に作業を進めているんですが、障害のあるお子さんのための縫い物が、縫っても縫っても終わらず、季節はめぐって梅雨も明け、ついに夏到来。

やっとハニワに取りかかれることになり、こんなものができあがりました。
Img_cd3f9b92ef9d13b2e9da66a0b9e2a67c64713df2
Img_2f642680da72d8871a330d01aac673f4073bb273
底面にマジックテープが縫い付けてあるので、トイニット(茶色の部分)にくっつきます。
地震がきても倒れない……はず。

ハニワたちをその日の気分でレイアウトしていただけます。
先週納品に行ってきたんですが、「はじめまして」なのに、ゆるキャラの話で盛り上がっちゃいました。高知の「カツオ人間」を知っている人に出会ったのは初めて。うれしー!

この日わかったこと。
「ハニワ好きに悪い人はいない」

お待たせしたわりに出来がしょぼいかな〜と不安だったんですが、
喜んでいただけて、ホントによかった!
ありがとうございました!!