朝晩は肌寒くなってきましたね。

お客様から「これをカバーオールにしてください」と
ワンピースをお預かりしていたのですが、
なかなかうまくいかず。。。

先日、やっと洗い替え分4枚のリメイクが終わりました。
(半年以上お待たせしてしまい、すみませんでした!)
Img_946e0baff2ad37b07248df37eb3dab38
Img_4a60fb1009af4a6dabb72b6e10973690
Img_fa1cf5e9afb5a805b5a4c0e751b9525d
今回のリメイクでは、
大きいカバーオールの正解がわからなかったので、Mahoe Anelaさんの型紙を購入。
110サイズのロンパースをつくってみました。

ロックミシンは持っていないし、服飾の学校にも行っていない私ですが、写真入りの仕様書通りに縫い進めていったら無事完成! 本当に助かりました。

プラスナップの色が交互に違うのは、かけ違い防止のため。雑談の中で、お客様に教えてもらいました。
お洋服のリメイクが必要なお子さんって、
けっこう多いと思うんですけど、
どうしていらっしゃるのかなぁ。

縫製の職人さんを集めた「お直し工房」が、
病院とか療育センターに併設されていたらいいのに。

料金が高額だと利用しにくいけど、
作業はとってもとっても大変なので、
領収書を添付して申請すると、
リメイク代の一部が支給されるとか。
職人さんに正当な対価が支払われるような
仕組みが絶対必要!

こういうのって、議員さんにお願いする案件なのかしら。
(ハードル高い。。。)
Img_29cbcea28de479b0375c2b856e0d1c3c
前は長めに。
Img_8d6ef7269f6b345d38896cb674af0fe1
背中側は短く。
車イス用のフリースポンチョ、無事納品できました。

←これは先月、納品したもの。
昨年、別の方につくったものと同じサイズの色違いです。

4月末に注文の受付をストップし、これが最後の注文。
発送後、完全に終わった気でいたのですが、先方から何も連絡がない……。
10日経った頃、おそるおそるメールを送信してみると、テーブル付きの車イスなので前側が持ち上がって短くなってしまうとのこと。

お客さまにお時間をいただき、実際に着用しているところを見せてもらいました。
はー、なるほど。
車イス全体にかけて使っておられるので、ポンチョというより防寒カバーという感じ。

「楕円のものを前側だけ20cm長くする」
洋裁の知識のない私には、どうしたらよいかサッパリわからず、自宅の床に型紙を広げて試行錯誤。
どうにかこうにか、それっぽいものを新たにつくってみました。
Img_f40c1f2a800ac835773877ed2231d3d5
左が、ボツになったもの。
右が、前長めバージョン。

※以前書いたように、前回使った生地が売り切れで、似た生地を取り寄せてもらったため、ちょっと雰囲気が異なります
Img_3bfd6520fba9497d7717bcbb23c0da35
イスにかけて、何度も長さをチェックしながらつくりました。
(テーブル代わりに、イスの座面の上に段ボールを積んでおります〜)

人によってそれぞれ事情が違うので、大量生産できない分野なんですよねー。
最後に改めて勉強させていただきました。

今は、Tシャツ屋さんに納品する「がまぐち」だけつくればいいので、時間に余裕ができてきました。
授業料がかさんで貯金がなくなってしまったので、年明けからパートの仕事でも探そうかなーと思っています。
Img_43920cb1c4c36a5bdc97e769cc12c8e329a08f0b
Img_cb2b302cefe6d93d8511dff19ac92dfbc3347d57
先週、お客さまに肌着3枚、パンツ、カバーパンツを納品しました。
小学1年生の男の子用。

パンツは両脇にオープンファスナーが付いていて、全開します。
紺のデニムニットにジーンズ用のオレンジの糸でステッチを入れました。
何にでも合わせやすいよう、シンプルに。
Img_fdb106eb9d8bc461624a774f8f164e64b3b0592f
これはカバーパンツ。
冬は、気温の低下とともに体温が下がってしまうので、パンツをもう1枚重ね履きするとのこと。

裏起毛の厚手のトレーナー生地を使って、ちょっと大きめのパンツをつくりました。

冷えって、足もとから来るんですよね。
足もとがスースーしないように、もっと密閉度を高めたい!
Img_09b49563a07942a206f7e0dc03404711d49b8a47
Img_fd88c05f2de3b902c9a08310f52a056e64a25edd
Img_e013a07b5abec390442743ff65af7716be6549f3
自転車に乗っている人が、マジックテープ付きのバンドでパンツのすそを留めているのをよく見かけます。
あんな感じで、すそを絞れたらいいなと思って、ちょっとマジックテープを付けてみました。

少しでもあったかく冬を過ごせますように!





Img_ad1cdec731d8c2895c25f29d882cd71abbc71294
先ほど、書き起こし3本目を納品。
トークの内容が秋田に関することだったので、先週、上野駅で開催されていた「あきた産直市」へ行って、パンフレットやチラシをかき集めてきました。

資料集めだけじゃなく、しっかりお買い物も。
←これはトマトのピクルス。秋田県仙北市でつくられています。
「秘伝」っていう秋田の枝豆もおいしかったな。
Img_2f9fbd72d2d0b7f101be138a316805a73de65768
昨日は、身体の不自由なお子さんのお洋服を発送。
今回はポロシャツのリメイクに手間取って、時間がかかってしまいました。
学校でおそろいのポロシャツをつくったそうなんですが、頭からかぶるお洋服は着られないので、オープンファスナーをつけてほしいというご依頼。

肩と脇をほどいてオープンファスナーをつけるというのはTシャツでやったことがあったんですが、ポロシャツって襟がついてますよね。襟はどうすればよいの〜???
Img_bfac0e5b5c5caf9c7dd76388057c7d82f7be9e41
Img_41daf4d0b87970f60b3f51806dafc2fbff1b4263
Img_4aad9248aa3c6c24118e74e0511d65fb248891b4
夫のポロシャツをほどいて実験。襟はマジックテープで身頃に留めるのがよさそうだという結論に至り、こんな感じにしてみました。

これが正解かどうか、まったく自信はないけれど、
着替えも簡単だし、パッと見、違和感なく仕上がったかなと思っています。

「襟がついているシャツなんて無理〜」って最初は思ったけど、がんばってよかった!勉強になりました。
服飾の勉強をしたことがないので、やってみないと無理かどうかわからないんですよ。
だから、無理って言わないようにしています。(なるべく)
必死に手を動かせば、たいがいのものはどうにかなる!

ということで、引き続きがんばります〜。
昨日、採寸に行ってきました。
病院の待合室とか、いろんな場所で採寸してきましたが、ご自宅にお邪魔するパターンは初めて。ちょっと緊張しました。

お部屋にお邪魔すると、2年前につくらせてもらった肌着を着てくれてる!
その肌着が全然くたびれていなくて、大切に大切に着てくれているということが一目でわかりました。じーん。。。

採寸と打ち合わせが終わり、帰ろうとすると、リビングでマンガを読んでいたお兄ちゃんも玄関までお見送りにきてくれました。ぴょこっと頭を下げ、「ありがとうございました」と。
小学生だけど、しっかりしてるー!
結構難しいご依頼なのですが、がんばってつくります。
Img_e395b283239b61e2273f51f0df49f681da6c731e
帰り、六本木に寄って「テマヒマ展」を見てきました。
マタタビを編んでつくったザルなど、「長年の経験と勘」が必要なモノたちがずらり。
量産品にはないぬくもりが感じられて、手仕事っていいなーと改めて思いました。

(左:きなこ棒みたいな駄菓子/右:打ち豆)
今年に入ってから、「家事代行サービスの針仕事版」と勘違いされることが何度かあって、
へこんでいたんです。

品質はそこそこでいいから、安く。急がないので、ついでにこれもやっといて。
そういうサービスが求められているのなら、中国で安く大量生産してもらって、
それを販売したほうが喜ばれるんじゃないかと。

でも、私が2年前につくらせてもらった肌着と「テマヒマ展」を見て、
自分の進むべき方向が見えたような気がしました。
このご注文を無事に納品できたら、真面目に考えてみようと思っています。
Img_da5134cc186d06b6f64756a74d0959e5d8b0e307
六本木で、『おじさん図鑑』の作家さんの個展も見てきました。
回文絵はがき、買っちゃった。
活版印刷ってところが渋くてしびれる!