Img_d72ce985a408596bd0beb92f1716508d
房ごと収穫して、追熟中のミニトマト。
「お、だんだん色づいてきたなぁ」と感じるのは、朝が多いです。
夜の間に熟しているのか??

なんて考えながら、真っ赤に熟れたトマトを口に放り込む夏の日。
日曜日は立秋ですね。
Img_584fb27a238f5e8cb220903b2ee3faab
今月はじめ、やっと靴づくりのお仕事が終わりました。
5月中旬から、ずーーっと苦戦していた靴。
(「靴」と言っても足の保護目的で、歩行用ではありません)

お知り合いの方につくってもらった靴が
足に合わなくなってしまったそうなのですが、
その作家さんは関西に転居してしまい、頼めないとのこと。

「やりもしないで断るのもどうかな。やってみたらできるかも」
と自分を奮い立たせて取り掛かりましたが、
やっぱり無理でした。

靴なんてつくったこともない上に、
右足に変形があるお子さんで、
「どうすればいいの〜」と泣きそうでした。私が。

まず、今履いている靴をお借りして複製し、
そのコピーをもとに、夏用の靴、冬用の靴をおつくりしました。

どうにか仕上げましたが、時間がかかりすぎて
他の業務に支障が出るレベル。。。
これが最初で最後の靴づくりです。
Img_5cad37ab8c6c29b47fb905451cf193a5
また数年後には靴をつくることになると思います。
そのときのために、工程ごとの写真を載せたメイキングと、引き継ぎ書のようなものをつくり、お客様にデータをお送りしました。

靴づくりだけでなく、介護経験もないため、分からないことだらけで申し訳なかったです。
ありがとうございました。
Img_1fe1b2011b36adf593a4102fcde69426
アメリカ在住の友達が昨年、第2子を出産。
異国の地で出産なんてすごいなーと思いつつ、お祝いをしそびれてしまいまして。
彼女が一時帰国しているので、先週、久しぶりに会ってきました。

ちょうどお食事エプロンを使う頃かなと思い、撥水ナイロンのハギレでエプロンをつくってみました。
1歳児のサイズがよく分からず、市販のエプロンを参考にして型紙を作成。数枚つくって、プレゼントしました。
しかし、「大きいお食事エプロン」と銘打って、製作・販売しておりますが、
こんなに大きいんですね。
サイズの違いに改めてビックリです。
Img_e4abb685d68feab6215fc8ffeb38ffd4
ポプリの香り袋と小物入れ。

特別支援学校の高等部の生徒さんが、授業でつくったものを販売する機会があるんですって。
先月、お世話になっている方が送ってくださいました。

ポプリはスタイの在庫袋へ。
お買い上げくださったスタイから、ほんのりラベンダーの香りがするかもしれません。