まだTシャツには寒い季節ですが、こんなコンテストが開催されています。
 「理想のTシャツコンテスト」 (Click!) 

応募すると、もれなくワークショップ参加券がもらえたり、
審査員にチーバくんのデザイナーさんがいたり(豪華!)、
なかなか面白い!

「理想のハニワTシャツ」とか「もんぺに合う理想のTシャツ」とか、
何か考えて応募してみたいなと思っているのですが、
しめきりは今月末。うーん、間に合うかなー。

イラストじゃなくて写真もOKなので、
(版画のような要領でプリントするので、単色刷りになるけど)
ご興味ある方はぜひー!!

お絵描き好きなお子さんがいるご家庭とか、いいと思うんですよね。
よかったら、周りの方にも宣伝してくださいませ〜。

詳細はこちらです。 (Click!) 
Img_b98d63ccb932272aeefbce0af68afcce
理想のハブとマングース。(みうらじゅん いやげ物展にて)
Img_dfccff90be5e8910677547b6bea2def2
賞味期限間近ということで安売りされていたんですが、これ、おいしい!
レモングラスの香りがする、甘くも酸っぱくもない飲み物。伊藤園、グッジョブ!

最近、限りなく水に近い飲み物が好きで、よく白湯を飲んでいます。

レモングラスの苗が手に入ったら、栽培してみよう。

Img_74b35d38ecfd6e1bc6cb7d5721264a8a
今月初旬、学生時代の先輩が所属している人形劇団の公演を観に、千葉へ行ってきました。
劇団の名前は「人形劇団あのね」。
上演作品は「三枚のおふだ」で、客席は子どもたちでほぼ満席。
「子ども向けか〜」なんて思っていたんですが、気付いたら前のめりになって観ていました。

人形も背景も手づくり。終演後、人形を手にした劇団員がロビーでお見送りしてくれたんですが、細かいところまで丁寧につくり込まれていました。ホールの客席ではなく、小さなお部屋の床に座って、もっと近くで観たかったなー。
で、先日、お友達に誘われて面白い講座に参加してきました。
シュメール語で書かれた神話「イナンナの冥界下り」が6月に上演されるんだそうです。
その上演に向けて、理解を深めるために講座が開催されました。

能楽師の安田登先生による
「イナンナの冥界下り プレ講座 第1回〜プレ文字世界〜」。
6月の舞台は観に行けないと思うのですが、安田登先生のお話を聞いてみたいと思い、
行ってまいりました。
期待していたよりも、はるかに面白かった!

安田登先生が好奇心のかたまりのような方で、
ホワイトボードに甲骨文字を書きまくり、
「これ、分かります?」「これ、何だと思います?」が止まらない!
なんて学力の高い人なんだろうと思いました。
(ここでいう「学力」は、「学ぼうとする力」のことです)

講座の途中で、「雪女」の上演もあったんですよ。
チェロと三味線、人形(なんと等身大!)、謡による、小泉八雲の「雪女」。
これもまた、身を乗り出して見入ってしまいました。

子どもを10人も産んだのに美しいままの雪女。
山姥(変身前)は、小僧にごはんをたらふく食べさせてくれるやさしいおばあさん。
見た目は全然違うけれど、雪女と山姥って、
どこか似ているような気がします。
山の恵みをもたらしてくれる神の化身なのかな。

あ、小泉八雲の「雪女」の舞台は、武蔵の国の多摩川のほとりでした!
(ずっと、雪深い山の中の話だと思ってた)
「山の神」じゃなくて、豊饒に関係するなにか、かな。
(フワッとしすぎ!)

まぁ、あれこれ考えを巡らせるのは楽しいものです。
Img_0a67f5e3202376eb0d8d8e413ff324a7
昨年、生ゴミからたい肥をつくるバケツを、誕生日プレゼントとしてもらいました。
で、昨年末から野菜の皮などを細かく刻んで、発酵ペレットと混ぜ、バケツに密閉保存してきました。
「これ、そのまま畑にまいても大丈夫なんだろうか」と思って調べたら、土と混ぜて二次発酵を行う必要があると! そうなのか!
Img_b63a6929c5d2898dbdf7e6b4eacf4b1c
そんなわけで深めのプランターを買ってきて、バケツから生ゴミを少し移す。

使用済みの土をふるいにかけて生ゴミと混ぜる。

腐葉土をかける。

また生ゴミを少量プランターに移し、土を混ぜ……ということをくり返し、作業完了。
Img_9487d94cec63144c8b52d2932c427534
虫が入るといけないので、新聞紙でフタをして、ビニールをかけました。

この作業を行ったのは、10日ほど前。
先日、米ぬかを買ってきて足したら(1袋10円♪)、発酵が促進されたようで、ものすごい反応熱が!
昼はもちろん、夜でもプランターをさわると、ホッカホカにあたたかいんです。
電気も何も使っていないのに。微生物の力ってすごい!

水分が蒸発して、ビニールの内側には水滴がビッシリ。
新聞紙が濡れて破けたので、2回ほど交換しました。

夏野菜を植える頃にたい肥が完成するといいなーと楽しみにしています。