以前、身体の不自由なお子さんを持つ親御さんに
「リハビリのときなんかに、よだれが出るんです。
洗い替えが何枚も要るんですけど、通販のスタイは高くて。。。」
と言われ、何人かの方にスタイをつくらせてもらいました。

そうだ。スタイが必要な人もいるんだった。

マジックテープだと、洗濯の回数を重ねていくうちに
ほこりや糸くずがついて接着力が弱くなっていきますよね。
マジックテープを使わずに留めるにはどうすればよいか。
いろいろ考えて、この形にたどり着きました。

中にゴムが入ったループをつける → ループにスタイの端を通す → 反対の端を通す
Img_44525e06ccf19835e00347538a95dc44
Img_3b65858a2daa2f0d510da2d2948ff03e
Img_ebd8b863e5c50215a3b799dd3badf3e4
でも冷静に考えてみると、某社さんが販売している商品と酷似しているんですよ。
型紙も販売しようと思っているので、この形はNG。

ループにせず、ベルト通しのようにするとすっぽ抜けてしまうし。
いいアイデアが浮かばず、田んぼのお手伝いに行ったとき、
ものづくりびとのMさんに相談してみました。
突然だったにもかかわらず、立て続けに何案か提案できちゃうところが、さすが!
ありがとうございますー。

「抜けないように中に芯を入れたら?」というアドバイスをもとに
スタイの端にキルト芯を入れてみました。
おぉ! 抜けにくくなった。
でも、まだ弱い。
Img_96d0f113221e03243bf14cdb990e24a4
端だけじゃなくてベルト通しにも芯を入れたり、
芯を二重にしたり、いろいろやっているうちに
つくり方が複雑になってしまったので、これはNG。

Mさんからもらったアドバイスその2
「プラスチックのスナップボタン」を試してみようと、
手芸用品店へ行ってみたら、1組25円ぐらいするんですね。
あと、取れちゃったときや、位置を微調整したいとき、
取り付ける器具を持っていないと直せない。

うーん。。。
Img_1fbf4881424b81f05a224e81243f2973
店内を歩いているうちに、
「ボタンだったら取れても自分でつけられるし、
糸さえあればボタンホールも開け放題!」
とボタン案が浮上。

首の後ろでボタン留めすると、寝たきりの人の場合、ボタンが当たって痛いかも。
右端を伸ばして、左側で留めるスタイを試作してみました。
ぐるっと回してきた端っこがベロみたいで気持ち悪い。。。
Img_84aded9d7dd733f8e90ca83181d3c993
スッキリした形に整えようと型紙を直し、もう一度挑戦。
ボタン留めバンダナスタイはどんな感じに仕上がったのでしょうか。

続きはまた次回。