先週、インド音楽を聴いてきました。
古民家でのライブだったので、雰囲気があってとても面白かったです。

「エスラジ」という、胡弓のネックを太くしたような楽器が優雅にメロディーを奏でる横で、
突然タブラの乱れ打ち! 次の瞬間、タブラが再びおだやかなリズムに変わり、
ヒグラシがカナカナカナ……と。うっとりしちゃいました。

表情がコロコロ変わるこの感じ、何かに似ているなと思ったら、ジプシー音楽!
でも、よく考えたら、ジプシーのルーツってインドですよね。
ジプシー音楽にインド古典音楽の要素が入っているのかも。。。
なーんてことを思いました。

ライブ会場となった古民家ギャラリーかぐやのHPを見てみたら、
8/10(日)、イスラエル出身の木工作家さんの講演会があるそうです。
「ガザ・イスラエルの今」→  (Click!) 

ガザの民間人がこれ以上犠牲にならないよう、祈るような思いで
毎日ここをチェックしています。
ガザに入って取材を続けているフリージャーナリスト 田中龍作さんのtwitter。 (Click!) 

封鎖の解除なき停戦はあり得ないと、ハマスは言っているんですよね。
もっともな要求だと思います。
一刻も早く停戦が実現しますように。